産業廃棄物収集運搬業・処分業許可申請、自動車リサイクル法許可申請、古物商許可その他営業許可申請、相続、会社設立なら、新潟の行政書士さかがみ事務所へ!(新潟県・新潟市)
経験豊富な専門家が親切・丁寧にサポートいたします。

行政書士さかがみ事務所

〒953-0041 新潟県新潟市西蒲区巻甲3-140

営業時間
8:30~17:30

(ご予約いただければ時間外も対応可能です!)

休業日
土日・祝日、年末年始、お盆

~初回相談は無料!!~

0256-75-9034

~ 古物営業法・施行規則の改正情報 ~

~2018年4月25日に公布されました~

2018年10月24日から、一部について施行されました!

 平成30年(2018年)4月25日に「古物営業法の一部を改正する法律」が公布され、平成30年(2018年)10月24日から、下記の事項が施行されています。
 既に施行されている主な改正事項
は、次のとおりです。

 ① 欠格事由の追加
   欠格事由に該当する者(古物営業許可を取得することができない者)に、「暴力団関係者」、「窃盗罪で罰金刑を受けた者」が追加されました。

 ② 営業制限の緩和
   古物営業は、営業所及び取引先の相手方の所在地のみで行うこととなっていましたが、営業を行う3日前までに営業場所を管轄する警察署に届出を行うことにより、仮設の店舗(ショッピングモールの特設会場など)でも、古物営業が可能になります。

 ③ 簡易取消し制度の新設   
   古物商業者の所在地が不明となり、公安委員会が30日の公告を行っても、該当者から何らの申出がない場合は、従来の聴聞等の手続きなどを経ないでも、公安委員会は許可を取り消すことができるようになります。

 (重要)
 2018年(平成30年)10月24日から、2020年(令和2年)3月31日までの間に、施行となるものは次のとおりです。

 ④ 許可単位の見直し
   従来は、営業所が所在する都道府県ごとに許可を受ける必要がありましたが、今般の改正により、主たる営業所を管轄する都道府県の公安委員会から許可を受ければ、他の都道府県に営業所を置くときには届出で足りるようになります。

  これにより、既に古物商の許可を有している業者は、2020年(令和2年)3月31日までに、「主たる営業所等の届出」が必要となります。
  
営業所が1つしかない業者であっても、必ず、届出が必要です!
  提出がない場合、改正法の基準を満たさないものとなってしまい、2020年4月1日
以降は、古物営業を行うことができなくなります(無許可になってしまいます)ので、ご注意ください。
  届出書の作成、煩わしい届出(管轄する警察署へ直接提出)は、行政書士さかがみ事務所にお任せください!

 

主たる営業所等の届出に関するQ&A

「主たる営業所等の届出」って、必ず提出する必要があるの?

 現在、既に「古物営業の許可」を有している事業者様は、2020年(令和2年)3月31日までに提出する必要があります。

提出しないとどうなるの?

 現在有している「古物営業許可」が、2020年(令和2年)3月31日をもって満了となります。
 2020年(令和2年)4月1日以降は、古物営業を営むことができず、営業を続ければ、無許可営業となってしまいます。
 4月以降も引き続き、古物営業を行いたい場合は、必ず、2020年(令和2年)3月31日までに『主たる営業所等の届出』を行ってください!

なぜ、必要になるの?

 従来の古物営業法では、営業所が所在する都道府県ごとに公安委員会の許可を受ける必要がありますが、今般の法改正により、主たる営業所を管轄する都道府県の公安委員会から許可を受ければ、他の都道府県に営業所を置くときには届出で足りるようになります。
 従来の申請では、「どこが主たる営業所か」を定めておりませんので、事前に定めて届出をする必要があるわけです。
 なお、営業所が1つしかない、個人営業で自宅が営業所である、等といった場合でも、「主たる営業所等の届出」は必須です!

届出書の作成は難しいの?提出は郵送でもいいの?

 届出自体は、難しいものではありませんが、提出は、主たる営業所を管轄する警察署に事前予約の上、直接出向いての提出となります。(郵送等での提出は不可です。)
 平日は本業で忙しく、ついつい後回しにしていたら、提出を忘れてしまった・・・なんてことのないようご注意ください。
 面倒だ!時間がない!書き方がよくわからない! そんな方は、行政書士さかがみ事務所にお任せください!!

新潟県内に本社(本店・主たる営業所)があり、福島県と山形県にそれぞれ支店(従たる営業所)を設けている場合・・・・。

<改正法施行前>
 新潟県、福島県、山形県の全ての公安委員会の許可(提出窓口は営業所を管轄する警察署)を取得する必要があった。

<改正法施行後>
 主たる営業所(古物営業の本拠地)である新潟県の許可を取得していれば、福島県と山形県の支店(営業所)については、新潟県への届出で足りる。